脂肪吸引の方法について

脂肪吸引は、美容整形外科クリニックなどで行われている痩身施術の事です。

主な目的はダイエットで脂肪吸引を行うことにより部分的に脂肪を除去してボディラインも整えることができます。脂肪吸引の実際の方法としては、脂肪を減らしたい場所にカニューレという吸引管を挿入して直接脂肪細胞を吸引していきます。



以前は脂肪切除といって脂肪を大きく切り取る手術が多かったのですが、脂肪吸引の場合切除よりも傷が小さいためダイエットの為の手術としては現在主流になっています。

脂肪吸引が通常のダイエットと異なる所は、直接脂肪細胞を吸引するため、リバウンドが少ないことです。
通常のダイエットというと脂肪細胞自体の数は減らないため、脂肪細胞が大きくなってしまうことでリバウンドが起こります。



しかし吸引で脂肪細胞自体を取り除いてしまうため、リバウンドしにくくなるということです。
また、吸引する場所が選べる為ダイエットではなかなか成功できない気になる所の部分痩せをすることができます。


ウエストのくびれを作りたい、太ももを細くしたいといった自分の気になる部分の部分痩せをすることができます。

脂肪切除よりも傷が小さい吸引ですがメスを使う手術となります。最近ではメスを使用しない方法も増えてきています。



メスを使用しない方法の場合、吸引できる量は少なくなりますが手術後の腫れや痛みが少なくダウンタイムが少ない為、手術に抵抗がある人、少し痩せたい場合やボディラインの微調整をしたい人に向いています。