痩身効果のあるデトックスクッキング

肉の代わりに、食物繊維が多くてデトックス効果の高い根菜やキノコを利用した「ベジハンバーグ」には痩身効果があります。

ソースには、大豆イソフラボンの豊富な豆腐、キレート成分や抗酸化成分を含む玉ねぎなどを使用します。


体内にたまった毒素の排出にはもちろん、低カロリーなので、痩身したい人にもおススメです。
痩身効果がある「ベジハンバーグ」の作り方は、玉ねぎ、ゴボウ、レンコン、生シイタケ、シメジをみじん切りにして、オリーブ油で玉ねぎを炒め、透き通ったら、ゴボウ、レンコン、シイタケ、シメジの順に加えて炒め、塩・コショウ、しょう油少々で味を調えます。

むきくるみはから煎りして刻み、山芋は皮をむいてすりおろます。



以上と炒めた野菜、パン粉30グラムをボールに入れ、手でよく混ぜ合わせます。

名古屋の脂肪吸引情報探しならこちらをご確認下さい。

6等分して、平らな円形に整えます。


フライパンにオリーブ油を熱し、両面をこんがりと焦げ目がつくまで焼きます。

絹ごし豆腐を充分に水切りし、裏ごしするかフードプロセッサーにかけ、玉ねぎのみじん切り、パセリのみじん切り、あればケッパーのみじん切り各大さじ1と、ウドオイルまたはオリーブ油大さじ2、塩・コショウ少々を加えて混ぜ合わせ、豆腐ソースを作ります。

このYahoo!知恵袋の情報がわかりやすく紹介されています。

器にベジハンバーグを盛って、ラディッシュとルッコラを添え、豆腐ソースをかけていただきます。


ウドオイルは、リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸などの体に良い不飽和脂肪酸をバランス良く調合した油で、非加熱の調理に利用します。